転職なら働けるところを探す【事前に仕事内容をチェック】

新卒で働く

JOBSEARCH

新卒採用での仕事への不満

学生の頃は新卒での採用を目指して企業の情報取集や分析もしっかりとして採用までたどり着いたはずです。 しかし実際に仕事をはじめると期待していたような仕事が思うようにできないことも多くあります。 企業は組織で成り立っているために、どの部署に配属されるかによっても仕事内容はずいぶんと異なります。 またそれぞれの企業は実際に仕事を始めてみないとわからない企業文化や慣習があったりするものです。 いつまでたってもおもうような仕事が回ってこない場合には転職を考えることもあるはずです。 ただ転職は試みていい年代があります。 入社してすぐのころの場合、まだまだ新卒とそれほど変わらないので、現場の即戦力として期待できるかということが評価されることになります。

優位に進める転職のタイミング

転職にはタイミングがとてもたいせつな要素となります。 あまり社会経験を積むことなく転職をしようとすれば、結果的にほぼ新卒と同じ評価を受けてしまいます。 一方でかなり社会経験を積み重ねて即戦力で仕事を任せられるような人材は多くの企業が求めています。 自分自身の能力を客観的に冷静に見つめながら、転職のタイミングを推し量ることが大切です。 職務経歴とともに客観的な評価の材料となるのはやはり資格です。 たとえ仕事の能力が高くても、そのことを客観的に計る物差しがなければ企業はなかなか採用をしにくいのが現実です。 転職を考える場合は、取得しやすい資格を少しでも多く持っておくことで、より評価されやすくなることでしょう。